株式会社三晃商会

Home > カー > 株式会社三晃商会

中古クレーン買取と販売【三晃商会】重機や建機のことなら

建設機械の関連情報

建設機械(けんせつきかい、英語: construction equipment)は、土木・建築の作業(工事)に使われる機械の総称である。省略して建機(けんき)、または重機(じゅうき、heavy equipment)とも呼称される。人力で施工することが困難な作業を機械化したものがほとんどである。高度経済成長の時代に高層建築や道路整備などで建設機械が日本の社会資本整備に果たした成果は大きい。20世紀末から21世紀現在では、公共事業のコスト削減が叫ばれており建設機械にはさらなる作業の効率化などの役割が求められる。 日本での建設機械需要の60%強は、レンタル機の活用に移ってきている。建設業者の経営合理化に向け、機械経費削減のために、この流れはまだまだ加速している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

中古クレーンの買取販売は三晃商会にお任せください。。重機販売輸出や建設機械輸出、中古建設機械の販売・買取を行っております。

倉庫に眠っていた中古クレーンを処分しなければならなくなり、新しいクレーンを購入したときに利用した業者に買取ができるか聞いてみたところ断られてしまい、お金を払って引き取ってもらうしかないのかと悩んでいたところこちらの買取業者のサイトを見つけて、WEBで簡単に見積もりをできるようだしとりあえず見積もりだけでもお願いしようと思い、WEBのフォームから依頼してみました。すると、思っていたよりも本当にすぐに返事がきてなんと買取ができるということだったので驚きました。しかも、会社まで無料で査定に来てくれるということで、もしかしたら現物をみたらやっぱり買取れないと言われるかもしれないと内心ドキドキしながら査定に来てもらうと、かなり感じのよい業者の方が来られてテキパキと用意していた資料やクレーンの状況などを確認されると、本当に見積もりのときに提示された金額とほとんど変わらない金額で買取れるということで安心しました。また、その場で契約するとすぐに中古クレーンを引き取ってもらえ、現金を支払ってもらえるということだけでも嬉しいのに、その後の手続きまでお任せすることができるという大変素晴らしい業者で、今後も何かあればこちらにお願いしたいと思っています。

注目キーワード

建設機械施工技士
日本の建設関連の国家資格の1つ。日本建設機械化協会が試験を実施している。1級と2級がある。
小型車両系建設機械運転技能者
機体重量3トン未満の小型車両系建設機械を運転することが出来る資格のこと。 →車両系建設機械運転技能者