窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

Home > 住居・家屋 > 窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

サイディングの塗替えについて|窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所

塗替えの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

サイディングの塗替えについて、問題がない場合や注意事項、窯業系サイディング材塗装に関する知識をご案内。窯業系サイディング材メンテナンス技術研究所なら無料で専門家にサイディング塗替えの相談ができます。

我が家の壁はサイディングです。 新築時、サイディングは耐久性が高いということで選択しましたが、やはり年数が経つと劣化は避けられないようです。 現在築12年ですが、少しずつコーキングのひびが見られ、壁を触るとうっすら白い粉が手につくようになりました。 調べると、劣化による現象のようなので、そろそろ塗替えのサインかもしれないと考え、業者に見積を依頼しました。 見積の際に細かく見ていただきましたが、やはり塗替え時期だということが分かりましたので、塗替えをすることにしました。 業者の方によると、サイディングの塗り替えは、劣化状況にもよりますが、一般的には築10年から15年が理想と言われました。 始めに、足場が組まれ、家の中にいると暗い雰囲気になりましたが、外観が綺麗になると思えば一時の我慢です。 次に高圧洗浄で全体を綺麗に清掃していました。 清掃が終わると、気になっていたコーキングの補修、全体的な塗装を何度かしていました。 最後に足場を解体して、全体で1週間で全ての工程が終了しました。 費用は、約150万円でした。 費用は、選択する塗り方や家の大きさによって変わるようですが、我が家は少し大き目の家なのでどうしても費用は高めになるようです。 お金は掛かりましたが、外観がピカピカになり、新築時を思い出す仕上がりで満足です。