マミーヒルズ株式会社

Home > 暮らし > マミーヒルズ株式会社

東京のベビーシッターならMammy-hills

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京のベビーシッター紹介・派遣会社【Mammy-hills】メディアでも話題の家事代行・育児代行。英語でのシッティングで幼児英語教育や幼児受験もサポート。TOEIC900点以上のバイリンガルシッターや外国人シッターの派遣もでき、お試しも最大2回可能です。

日本が少子化と言われてからかなりの時間が経っていますが、いまだに待機児童問題などの様々な問題は一向に解決していません。そして、子供を産んで働きながら育てる環境というのも、かなり前から整備が望まれていますが、全く進んでいないように感じています。 難しい話になってしまいましたが、わたしは東京で働きながら子供を育てています。夫も働いていて子供は一人です。一応保育園には入所していますが、38度くらいの発熱があると預かってくれませんし、胃腸炎などの感染症の場合は1週間くらい預かってもらえない期間があります。たしかに他の子にうつすと申し訳ないのですが、保育園で預かってもらえないと仕事に行けません。 前までは夫と交代で休んでいましたが、半年くらい前からベビーシッターを使い始めました。子供は2歳になりましたが、定期的に体調を崩してしまいます。しかし、今はベビーシッターがいるので、よほどのことがない限り仕事を休む必要はりません。ベビーシッターは必要な時だけ依頼する仕組みですが、かなり多くの人数を確保してあるらしく断られたことはありません。決して安くない費用ですが、今の仕事を辞めてしまえば同じだけの給料を得ることは無理ですし、将来のことを考えても必要な投資だと考えています。