mormor

Home > サービス事業 > mormor

東京でベビーシッターならモルモル

赤ちゃんの関連情報

赤ちゃん(あかちゃん)は、産まれたばかりの子供のこと。赤子(あかご)、赤ん坊(あかんぼう)とも言う。なお、人間以外の動物にも「赤ちゃん」が用いられることがしばしばある。種にもよるが、生存のために援助を必要とする弱い存在である。多くの種で赤ちゃんは愛らしい外見をしており、これは援助を受けやすくするために有利な形質なのではないかとの解釈もある。 以下、本稿では人間の赤ちゃんについて解説する。 母子保健法は、出生からの経過期間によって、「赤ちゃん」を次のように定義する。 新生児:出生後28日未満の乳児 乳児:一歳に満たない子供なお、新生児の中でも出生後7日未満の乳児を特に「早期新生児」と呼ぶこともある。また、生まれて間もない赤ちゃんのことを嬰児(えいじ、みどりご)と呼ぶこともある。 「赤ちゃん」の語源は、新生児が多血症気味となり、皮膚色が赤く見えることにある。これは、分娩の際に陣痛の圧力で胎盤内の血液が新生児の体内へ絞り出されるためである。
※テキストはWikipedia より引用しています。

東京でベビーシッターサービスを提供しているmormor モルモルのホームページです。気軽でシンプルなベビーシッターサービスが1時間1900円から。リフレッシュ利用も大歓迎、働くママの仕事と子育ての両立を応援しています。

結婚式に招待されたら嬉しいですので、新郎新婦の幸せな顔を見に行き、一緒にお祝いをしたいと思っていました。 友人の結婚式に招待をされた時には親に子供を預けて出席していましたが、従妹の結婚式に呼ばれた時には子供の預け先がありませんでした。 実母は結婚式に出席しますし、夫側の親は遠方のため預けることが出来ません。 そうなると欠席をしなくてはならないかと思いましたが、仲のいいとこでしたので何とか出席をしたいと思っていた時に、ベビーシッターの利用を考えるようになりました。 友人に紹介をしてもらったベビーシッターは結婚式場まで来てくれ、子供を診てくれるという事でしたので、これなら私も結婚式に出席が出来ると思い、すぐに問い合わせてみました。 結婚式場の待合室で子供を診てくれるという事でしたので、短時間なら預けても何とかなるだろうと思い依頼してみると、私の心配をよそに子供はベビーシッターになついてとても楽しそうに過ごしていました。 式の途中も大丈夫かと心配をしていましたが、そんな心配をする必要も一切なかったので、子供も寂しがることなく私も楽しむことが出来たので、楽しい結婚式を過ごすことが出来、東京のベビーシッターに依頼して大正解です。

注目キーワード

赤ちゃんポスト
事情があって親が育てられない新生児を受け入れる施設。日本では熊本市の慈恵病院が初めて設置し、「こうのとりのゆりかご」と名づけられている。ドイツではベビークラッペと呼ばれ、すでに100以上の施設が導入さ......
赤ちゃん返り