大雄山セントラルクリニック

Home > 暮らし > 大雄山セントラルクリニック

南足柄市・小田原市で内科や人工透析を専門に治療|大雄山駅からすぐ

病院の関連情報

病院(びょういん、英: hospital)は、疾病や疾患を抱えた人(病人、患者)に対し医療を提供したり、病人を収容する施設(の中でも一定の規模のもの)のこと。 病院の設立者は公的セクターが多いが、また保健組織(営利または非営利団体)、保険会社、慈善団体などがある。病院は歴史的に、その多くが宗教系修道会や慈善家によって設立・運営されてきた。
※テキストはWikipedia より引用しています。

小田原市,南足柄市で内科や人工透析の病院をお探しの方は「大雄山セントラルクリニック」をご利用ください。透析治療は個室完備・水質管理の徹底により、安心して治療に取り組む事が出来ます。当院へお越しの際は最寄りの南足柄市大雄山駅をご利用下さい。見学受付中。

南足柄市に暮らしている40代の男性です。体調を崩すことが続いたので適切な診療を受けられる内科を探していました。その中で自宅の近くに新しくできた「大雄山セントラルクリニック」がたいへん素晴らしいという評判を聞いて、受診をすることにしました。人工透析の患者さんが多いということでしたが、一般内科の外来診療も受け付けているとのことでしたので、診療時間をホームページで確認して訪れました。 まず最初に驚いたのは病院内の雰囲気がまるでホテルのように洗練された落ち着きのある空間であることです。受付や待合室なども、一般的な病院のイメージとは違い、高級感のある落ち着いたものでした。これまで南足柄市にはなかったタイプの病院で、素晴らしい施設ができたと嬉しくなりました。 診察をしていただいた先生は、しっかりと時間をかけて問診をしてくださり、体調不良の原因となっている幾つかの可能性について時間をかけて調べていただきました。検査の結果は消化器系がやや弱っているということとなり、適切な投薬と食事療法についての説明を詳しくしていただきました。 ご指導と服薬、そしてその後の通院によって体調は回復し、現在は大きな不調もなく働くことができています。今後も大雄山セントラルクリニックをかかりつけ医にしたいと希望しています。

注目キーワード

総合病院
内科や外科などの主要な診療科を有している病院のこと。日本では主に許可病床数100床以上で、最低でも内科、外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科の5科を設置している病院を指す。
大学病院
主に医学系の大学に附属施設としてある病院のこと。日本の政令等では大学の附属病院とも表現されている。大学病院では、一般的な医療サービスの提供の他、教育、臨床、研究などを行っている。 日本では、大学設置基......