アテネ・フランセ

Home > 学び > アテネ・フランセ

アテネ・フランセ

フランス語の関連情報

フランス語(フランスご)は、インド・ヨーロッパ語族のイタリック語派に属する言語。ロマンス諸語のひとつで、ラテン語の口語(俗ラテン語)から変化したフランス北部のオイル語(またはウィ語、フランス語: langue do?l)が母体と言われている。日本語では、仏蘭西語、略して仏語とも書く。 世界で英語(約80の国・地域)に次ぐ2番目に多くの国・地域で使用されている言語で、フランス、スイス、ベルギー、カナダの他、かつてフランスやベルギーの領域だった諸国を中心に29カ国で公用語になっている(フランス語圏を参照)。全世界で1億2,300万人が主要言語として使用し、総話者数は2億人以上である。国際連合、欧州連合等の公用語の一つにも選ばれている。このフランス語の話者を、フランコフォン (francophone) と言う。
※テキストはWikipedia より引用しています。

学生時代、友人がアメリカ映画にはまっている時、私はフランス映画に夢中でした。その後、中国映画や中国語に興味を持つようになり、大学では中国語を専攻しました。中国やアメリカで学び、日本に帰ってからは東京の外資系企業で働いていました。 会社の同僚がフランスに留学していた人で、彼女と話をしているうちに、フランス映画に夢中だった頃が懐かしくなり、フランス語を習いたくなりました。フランス語なら絶対ここがいいと言われたフランス語の学校が、会社から電車で20分くらいのところにあったので、申し込みをして初級コースに通っています。読む、聞く、書く、話すという技術をバランスよく習っています。 予想していたよりもフランス語の学習が難しく、初めは頭を抱えて止めてしまおうかと考えたこともありました。しかし、同僚が自分も初めは大変だったと励ましてくれたので、何とか続けています。夢の中でフランス語を喋るくらいのレベルに早く到達したいのですが、まだまだ初心者の域を出ません。先生が優しいので頑張っていますが、仕事と語学学習の両立は大変です。ただ、以前のようにダラダラ過ごすことがなくなり、生活にメリハリが付いたのは良かったです。語学力が身につけば、もっと楽しくなるはずだと考えて精進しています。

注目キーワード

フランス語憲章
(仏:Charte de la langue française、英:Charter of the French Language) 1977年、カナダのケベック州で定められた、州内の公用語をフランス語オンリーとする法律。
フランス語オンリー
フランス語に限ること。