京生麩のお店 愛麩

Home > 暮らし > 京生麩のお店 愛麩

京生麩のお店【愛麩】 平安神宮境内

日本料理の関連情報

日本料理(にほんりょうり、にっぽんりょうり)は、日本の風土と社会で発達した料理をいう。洋食に対して和食とも呼ぶ。食品本来の味を利用し、旬などの季節感を大切にする特徴がある。和食は2013年に無形文化遺産に登録された。 広義には日本に由来して日常作り食べている食事を含むが、狭義には精進料理や懐石料理などの形式を踏まえたものや、御節料理や彼岸のぼたもち、花見や月見における団子、冬至のカボチャなど伝統的な行事によるものである。日本産の農林水産物・食品の輸出も2013年から右肩上がりに伸びている。2016年は7502億円と2012年の4497億円から1.7倍に増え、2017年は8000億円台に乗せた。日本国政府(農林水産省)は1兆円を目標としており、日本食レストランの増加と日本食材輸出を推進している。
※テキストはWikipedia より引用しています。

京生麩の[愛麩]は平安神宮境内にあるお店です。「愛麩」オリジナルの京都生麩を是非ともご堪能ください!皆さまのご来店を心よりお待ちしております。

京都には有名な寺社や名産がたくさんあります。今回は名産物である「京漬物」についてご紹介します。京漬物とは京野菜を伝統的な手法で漬物にしたもので、千枚漬け・すぐき・しば漬けの3種類があります。平成18年12月な特許庁の地域団体商標に登録されました。以下に、それぞれの漬物について特徴を説明します。1:千枚漬け千枚漬けは、聖護院蕪を薄くスライスして昆布や唐辛子と一緒に酢漬けにしています。一つの樽に1000枚を数えるほど薄く切っているという逸話から「千枚漬」と呼ばれるようになりました。聖護院蕪は秋に収穫され、翌年3月頃まで漬け込みが行われます。2:すぐきすぐきは漢字で「酸茎」と書く京野菜の一つです。すぐき菜の葉と蕪を原材料とし、塩だけで漬け込みます。すると乳酸発酵され、とても味わい深い酸味が生まれます。原材料のすぐき菜は京都市北区の上賀茂神社で栽培したのが最初と言われています。8月末~9月初旬に種まきが行われ、11月~12月にかけて収穫を行います。植物性乳酸菌であるラブレ菌は、すぐき漬けから最初に発見されました。ラブレ菌は整腸作用や免疫力の向上作用があります。3:しば漬しば漬けは、なすやしそに手塩を振り、樽の中で長期熟成させた自然乳酸発酵の京漬物で、赤しその香りと乳酸菌による酸味が特徴的です。しそは大原の名産で、夏に収穫され塩漬けにされ乳酸発酵させます。以上3種類の漬物についてご紹介しました。漬物の現在のである野菜は、気候によって味や形を変えます。そのため、漬け込む際は野菜の状態に合わせて、塩加減や重石を載せる加減を微調整する必要があります。 「京漬物」として、古くから伝えられてきた伝統を大切にする漬物職人ならではの技といえます。京都には名産がたくさんあるので、何をお土産に買って帰ろうか迷うかも知れません。そんな時は京漬物を選ぶのもオススメです。食事の一品やお茶請けにもピッタリな京漬物をぜひ召し上がれ。

注目キーワード

日本料理アカデミー
(Japanese Culinary Academy、特定非営利活動法人日本料理アカデミー) 世界のシェフとの交流活動や、地域にねざした食育活動などを行うNPO法人。  2004年8月に日本料理の真の姿を国内・海外に発信すべく、京都...
日本料理 龍吟