ボックキッチンカー

Home > カー > ボックキッチンカー

ボックキッチンカー

自動車の関連情報

自動車(じどうしゃ、英: car, automobile)とは、原動機の動力によって車輪を回転させ、軌条や架線を用いずに路上を走る車のこと。
※テキストはWikipedia より引用しています。

通常のように店舗を構えて開業すると、特定の決められた場所でしか営業することができないので、客足が予想できない場合も起こりえます。そして、いまいちの客足だとわかったとしても一度店舗を構えてしまえば場所を変えるという事は簡単には出来る事ではありません。その点で、移動販売車を使った営業というのは場所に縛られないという点が最大のメリットと言えます。また、コンサート会場や、イベントのある場所で、客足を予め予想して、また天候に合わせて常に大きな売り上げが見込めそうな場所で販売が出来ます。例えば夏の花火大会、正月などの時期など、人が集まる場所ではたくさんの利益が見込めます。そしてもう一つ大きなメリットは、店舗を構える時には多くかかってくる人件費がかからない点にあります。手伝いは必要かもしれませんが、一人で基本的にやりくりしますので、人件費削減になります。そして、店舗のように皿を洗ったりする手間もいらず、基本、持ち帰りその場でテイクアウトして食べるので片付けの手間も省くことが出来ます。人件費はお店を経営するうえでは、はかなり大きな負担になります。人件費がかからない点は大きなメリットといって良いでしょう。そして、店舗と違って家賃などが発生しません。イベントに出店するための料金はかかってくるとはいっても、家賃などと比較すればその差は歴然です。人の集まる場所ほど、賃料が高いことは誰でも簡単に予想がつくはずです。それを考えてみても、移動販売で商売をするほうが効率的に良いと言えるでしょう。ただデメリットも少なからずあります。それは誰にも予想がつかない天候に関することです。真夏が暑い、梅雨時期は雨が多いなどと予め大体予測がつく事項もありますが、突然台風がやってきたり、大雨や大雪に見舞われたりすると、売り上げに大きく左右してしまいます。屋根などがある場所での販売ではそれほど影響がないかもしれませんが、屋外となると天候によって売上に差が出るリスクも知っておかないといけません。メリットデメリットを両方知った上で検討するのが賢明です。

注目キーワード

自動車税
自動車の所有に対して課税される都道府県税で財産税の一種。道路を利用することに対して、その整備費などを応分に負担するというのが課税趣旨である。 軽自動車は別に軽自動車税というものが存在する。
電気自動車
EV = Electric Vehicle 電気で駆動する自動車のこと。 蓄電池式電気自動車や燃料電池自動車、架線から電力を受け走行するトロリーバスなどがある。環境負荷となる従来のエンジンを搭載していないエコカーである。 ...