コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

Home > 学び > コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト

コミュニケーション能力向上、スクールなら日本コミュニケーショントレーナー協会

カウンセリングの関連情報

カウンセリング(英: counseling)とは、依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助のことである。カウンセリングを行う者をカウンセラー(英: counsellor、米: counselor)、相談員などと呼び、カウンセリングを受ける者をクライエント(client)、カウンセリー(counselee)、相談者/来談者などと呼ぶ。
※テキストはWikipedia より引用しています。

コミュニケーションスクール|コミュニケーション能力専門サイト。コミュニケーションの資格認定に無料で挑戦しよう!社会で求められているコミュニケーション能力向上を目的とした講座・セミナー・研修開催とスキルアップ・学び方・実践法の情報提供をしています。

ビジネスでも日常生活でもコミュニケーション能力というのは、とても大切です。それは、この能力があると人の気持ちや感情をくみ取りながら意思疎通ができることから、トラブル回避をしたり問題を解決することができるからです。人が生きていく上で、他人との関わりは必ずと言っても良いほどあります。その人間関係を円滑にしていくためにも、コミュニケーション能力は必要不可欠なものになります。ではそのコミュニケーション能力をどのようにして高めていけば良いのか、これから幾つか挙げていきます。人間関係においてもコミュニケーションはとても大切なものになりますが、人とのコミュニケーションは会話などを通じて相手を理解してそして自分を理解してもらうことであります。つまり、コミュニケーションは自分だけの一方通行なものではなく、自分だけでなく相手のことも理解し合う必要があります。それには、伝える能力と受け取る能力が必要になります。この2つの能力を高めることがすなわちコミュニケーション能力を高めることに繋がります。まず伝える能力を高めるためには、目的や結論から先に話すことです。そうすることで、自分の気持ちが相手に誤解なく伝わります。それによって理解が深まって良好な人間関係を築くことが可能になります。ですが、目的や結論から先に話をしないと、相手は一体何を伝えたいのかを理解することが難しくなってしまうことがあります。これでは人間関係を良好に築くのが難しくなります。また、相手に分かるような言葉で話しをすることも伝える能力を高めることができます。相手の知っている知識やレベルに合わせることで、より相手に理解してもらいやすくなります。一方受け取る能力を高めるためには、相手の話にきちんと耳を傾けることです。これは意外とできない方もいらっしゃいます。相手の考え方が間違っていても一旦は否定をしないで最後まで聴くことや必要な部分で相槌やうなずきを入れるといったことで、人間関係を良好にしていきます。

注目キーワード

カウンセリング
臨床心理学にもとづくカウンセリング(counseling)とは、専門教育を受けたカウンセラーが、クライエント(依頼者)とのコミュニケーションを通してクライエントの心理的変容を促す過程をいう。 クライエントの日常...
カウンセリング・マインド
カウンセリング的な考え方や手法を日常生活に活かしていくこと。またその態度、考え、心構えなどを指す和製英語。 「傾聴」と「共感」と「繰り返し」を自らの価値観を脇に置いて実践してみること。 [ISBN:44144031